頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

はじめてのRSR

行ってきましたよRSR2018、すなわちライジングサンロックフェスティバル2018。

 

音楽のこといまいち自信が無いのでツイッターでだらだらと語るのが気持ちよくないので、パーソナルスペースなブログに好き勝手書いちゃおうぜということで久々に書きにきた。

いや、なんかな、ただの自意識過剰だと思うんだけど、ほんと有名な人なのに曲名知らないとか名前しか知らないとかすごいあるから鍵付きじゃないツイッターで語るのはちょっと気おくれしてな…いやへき地のツイッターだから拾われることもあんまりないんだろうけど…とはいいつつ鍵つけないあたり、交流したいんだかしたくないだかよくわからないが…

こういうときはやっぱりここ残しておいてよかったなぁ~と思うよ。あとで自分が振り返れればいいんだからね~・・・といいつつ、これまた全体公開設定にしてるから、やっぱり矛盾な気もするが、まぁそこはゆるしてほしい!(笑)

もういっそ手書きのアナログな日記でもよくない?と思うんだけど、ブログのほうが漁りやすいし保存しやすいし、書くにも楽だしね…

という、自らのおなじみ、前ふり長いも好き勝手書けるのがブログの良いところ。

 

RSR,そう、身内も行ってたり友達も行ってたり、噂にはかねがね、興味はあったんだけど、本気で行こうとはあんまり考えてなかった。

でも職場で夏に入る前あたりに「体力の要るレジャーは若いうちにやったほうがいいよ~」という諸先輩たちの話とか、くだらないこだわりだとは思うけどやっぱり思っちゃう「平成最後の…」というキーワードに心揺らいじゃって、「もういっそ行っちゃうか!!」という決心で行くことになったのでした。

ライブガチ勢の友人にくっついていく形で、しかも友人、行き帰りドライバーもやってくださって「ありがとうすみません」の感じなんですが

これほんと、好きなアーティストが云々とか以上に「体験として」面白いものだったなー!と思える気がする。

う~ん貴重な時間だった。

いや、当日はね、1日目は、夜はホント雨でおぼれるかと思うくらいで、泣く泣く深夜のレキシさんを諦め、はきなれない長靴は重くて、足痛くて、しかも靴底がずれて水だばだば入ってきて、なんかめちゃくちゃだったし、1日目にして全タオルが雨でびっしょり、洗濯物が山のようででも洗濯できようはずもなく「こんな湿った衣服を2日間も鞄の中に放置せなあかんのかい!!」と内心若干イライラしたり、

2日目は2日目で、やっぱり長靴は引き続き湿ってるのをやむを得ずはくしかないし、底が浅いせいで歩くと痛いし、夜が更けるほどに眠いのに寝れない(と言いつつ、友人の友人のテントの椅子で寝させてもらったりしたけど…今思うと焼肉も勝手に食べ、なれなれしく喋りずうずうしかったな…と思うのですが、もうみんな眠かったし会うことも無いだろうから、印象悪くても忘れててほしい。。。)、体のボロボロ具合がほんと身に染みてくるし、音楽聞きながらもガクッとなる瞬間が正直あったし(すみません笑)

終わった直後は(いやあ…うん、これは大変だな…はやく寝たい…)と、どっちかというと楽しかったー!という満足感を味わえる余裕があんまりなかった気がする。

けど、やっぱり休息をとって、ちゃんと思い出が整理されてくると、「やっぱりみんなが言うように、面白くて貴重な経験をしてきたんじゃないかな?」とか「今度はもっとこういう備えをしていけばいけるんじゃないのかな…」みたいなリベンジ精神もわいてきて、はまる人がいるのはわかる気がする…という気分になってきた。

まあまだ来年も行くかはわかんないけど、はじめてより二回目以降のほうが試行錯誤のしようもあって、もしかしたら面白いのかもしれない…わからないけど。

そして今回、1人で行くの心細い!と思って友人にくっついて行ったけど、結局友達と別れて動いたりもしてたから、これ一人でも行けるかもしれんな…とか無謀なこと考えたりしていました。

 

思い出に、2日間回ったアーティストさんを貼っておくよ~

ふにゃふにゃの丸は最後までじゃなくて途中立ち寄ったとか遠くからとかの人たち。

そうなんだよ、好きに聞いたらいい、っていうのが正しいんだけど

えっ、奥田さんをちゃんと聴かなかったの?さらっとしか山下達郎を聞かなかったの?とか、そのほかにもあれこれ言われそうで(言われないって)なんかお恥ずかしくて堂々とツイッターじゃ貼れなかったんだよ(笑)かっこつけ!

でもあとから結局貼るかもしれないけど…思い出のためにね!

f:id:kumoneji:20180814231100j:plain

f:id:kumoneji:20180814231106j:plain

有名なのにお恥ずかしながら名前を知らず、友達にくっつていってはじめてちゃんと聞いたのが、SiMさんとフォーリミさんで、どちらもほんと聞いてよかった…めっちゃかっこよかった…特にSiMの皆さんすごいかっこよかった…コードかついで下降りてきてくれたりとか、「はわわ…」ってなったよ…(キャラじゃないぞ)

まぁ…遠目からだけど…(友人はパンクガチ勢なので前の方で頭振りに行ってた)

悔やまれるのは1日目夜のアジカンのあと、びっしょびしょで一回着替えに戻ったからその時間なにも聞けなかったこと…(電気グルーヴ獄門島一家も気になっていたのに…あとREDSTARCAFEのコラボも見てみたかった…)あとほんと深夜諦めたのも…せっかく通し券だったのに…あと聞きたい人のかぶりとかね…

とかまぁ、そういうのも含めてあるあるなんだろうな。

当日はいっぱい聞けて満足だったんだけど、終わってみてもう一度タイムテーブル眺めていたり、FMラジオでライブ音源とか聞いたらSUNステージ集中してて「もっと色々回ってみればよかったな~」という気分が沸いてくる。

きっと皆さんこういうところから、「来年も行きたいな…」って思い始めていくんだろうな~。

そういう共感ができたこと含めて面白い経験だったな。