頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

センセ―フコク

を、買いましたよ~~~

ついったのほうではタグも使いたくて、すでにあれこれ言ってたけど、買いましたからね~~~

うーんまさかボカロ系CDを自分から積極的にがんがん買って行く時が来るとは、我ながら夢にも思わなかったぞ・・・

いや~~だってブログでもやたら触れてたけど、いい加減YMさんも大好きだからな~~!

正直言うと買うかどうか決めてなかったんだけど、クロスフェード聴いたらこれ、絶対欲しくなっちゃったんだよ・・・

いや、ボカロちゃんが肉声より下のものと思うつもりは無いつもりなんだけど、やっぱり自分の中の優先順位的にボカロオンリーのCDを買うっていう気は起きないかな、とか、ボカロ声は、肉声の迫力にはやっぱり劣るのかな(いや、すきだけれども)とか偏見があったんだけど、これ実際買って聴いてみたら全然そんなことないよ・・・

いや、迫力とかそういうのじゃなくて、当たり前かもしれないけど、ボーカロイドには、肉声とは別のベクトルの魅力があるんだ、と凄く感じた。

「ボカロは肉声より軽い」「電子音だからなんか歌じゃない感じがするから駄目」とかいう意見があるけど、そうじゃなくてそもそも肉声の魅力と、ボカロの魅力は別にあるんだ、と改めて思ったな~~目からウロコだな~~

そんな気付きを与えてくれたYMさん楽曲、ほんとにすばらしいのよ

お恥ずかしながらYMさんの楽曲に本当に親しんだのはYMMからだったから、たくさん投稿されているのに聴いたことない曲とかも相当あるのですが、それでも好きなんだと言わせてくれ~~

そう、YMMのほうで、歌い手さんの肉声で先に聴いて聴き馴染んでしまって、逆にGUMIちゃんの声で聴くのがすごく新鮮という曲が結構あって、それも楽しかったのです。(GUMI音源のほうがそもそもオリジナルのものがほとんどなんだけどね!)

特に「あれこれそれどれ」とかはYMMでの赤飯さん書き下ろし曲であって、YMMでさんざんあのガツガツして肉薄した赤飯さんとよしやさん(敢えてこの呼び方)のかけあいが凄く迫力ある楽曲だったと思うんだけど、センセーフコクでのGUMIバージョンは凄く軽やかで美しくて(これ何回も言ってるけど、本当にそう思ったんだもん)同じ楽曲なのに、メロディも一緒なのに、印象がこんなに違うのか!と感動してしまった。

これもついったで言ったけど、ボカロの、肉声より軽く感じてしまうっていうのは、決して欠点じゃなくて、逆に「うつろであるがゆえの透明な美しさ」みたいな表現ができるんだな~と思ってしまった。

「うつろであるがゆえの」っていうのは、前に冨田勲×初音ミクでも感じたことで、それがやっぱりそうなんだって、このセンセーフコクで個人的には再確認しました。

それにしてもYMさん楽曲は、がっつりロックなのにGUMIちゃんの歌声が澄んでて、なんて美しいんだろう。

YMさん(よしやさん)はご自身もバンドでボーカルしてらっしゃるし歌ってみたもしてるかただからっていうのもあると思うんだけど、こう、痛いくらいの感情の切実なのをガツガツロックで載せているのに、GUMIの透明な歌声である種、重すぎないで心にスッと入ってくるっていうのか・・・

また私、わかったようなこと言ってるけど!

でも本当にこうして気付きがたくさんあったからさYMさん楽曲は・・・

あとなんというかYMさん楽曲は「鬱」「皮肉」っていう第一印象なのかもしれないんだけど、でもなんというかその先の「予感」が秘められているんじゃないかって、そんな気を勝手に抱いていました。

というのも「ホントハドッチ」を投稿時に聴いたときに、それを凄く思ったのですね。

自分が会うべき人がどこかにいる、みたいな歌なのかな?と個人的には思ってて、そういう思想ってすごくいいな~と(もしかしたらそれは他人じゃなくて自分かもしれないけど)

「鬱かもしれないけど、でもその先のどこかになんかあるんだよ」っていう予感の歌なのかなぁ、それってささやかだけど、等身大の希望があるよなぁと。

ここまで語りたくなっちゃったのは、そう、ホントハドッチを聴いたときになんか感じいって、それはうまく言葉にできなかったんだけど、その日なんか夢を見て、別にそれは現実的な夢では無かったんだけど、「ああ、そうか、あの曲を聴いて思ったのは希望へのささやかな予感っていうものか」と自分の中ではフに落ちたりしてね。

ああ、あくまで個人的見解ですよ。

でも、そう、久々にこんな長い記事を書いてしまうほどには・・・アルバム「センセーフコク」とそれに伴う一連の投稿曲には、語りたくなってしまうYMさん楽曲の魅力があったんだと言いたいんです。

あと酔ってるから支離滅裂だけど、勢いで書いておきたかったんです

ツイッターでちょこちょこ投稿するも良いけど、やっぱりブログという、ツイッターとくらべると結構自分的ホーム感強い場で、まとまって好きを語るのは重要だね、語ることでさらに思い入れ強くなるってやっぱりあるみたいだから。