頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

夏ですねって言ってた前回の記事とひと月もたたぬうちにすっかり秋の空気になってきましたね。

そうこうしてるうちに自分はひとつ年をとってしまったよ。うほおぉほほオエエ。

そう8月31日は初音ミクちゃんだ、青峰くんだ、とぱっと浮かんでくるキャラクターがいるわけなんだけど、惜しいかな、自分はその前日8月30日が生まれなんですな。

ぼんやりしてるうちに誕生日とか終わってしまうもんよ・・・一人住まいってそんなもんよ・・・でも友達から誕生日メールもろたからありがたや。

よく女性に年齢を聴くもんじゃないみたいな話聴くけど

あれは老いが問題なんじゃなくて

自分の精神年齢を差し置いて数字ばかりが容赦なく増えて行く恐怖と不安が問題なんじゃないかって最近思うの。ていうか自分はそう。なんの話やねん。

 

さいきん記事を書けばニコ動系のみなさんの、ていうかアンさんの話ばっかりだけどもまぁ好きなこと書くからしかたない。好きなもの書くから仕方ない。

好き好き口に出さなくなったからと言って冷めたのかと言えば全くそうではない。むしろ募り過ぎて口に出せないみたいなところあったりもしなかったりもしなかったりもしなかったりするからな!

 

サードアルバムであるところの「ふじこ」(通称)の話をしていませんでしたが、ばっちり発売日に買ってました。から、かれこれもうひと月以上はたつか・・・

なんとボカロカバーとオリジナル楽曲の2枚組だよ。すごいことだよ。

なんかうまいという言葉だけで片付けちゃもったいないんだよなぁ・・・ほんとにすごいんだよなぁ・・・好きなんだよなァ

今回のアルバムは書き下ろしがたっぷりなので

ボカロカバーの熱狂な感じとともに、書 き下ろしの方で本人自身が凄い感じられたと言うか・・・そりゃあご本人のアルバムなんだから当たり前なんだけれども、すごい今のアンさんそのものが感じら れる良い意味で生々しい感じを感じた(抽象的なことしか書けないけども)だからこそよかった。

今日久しぶりに「とある国王の体操第一」聴いてたらなんかじーんとしてしまった。全体的にふざけてるのに泣きそうになってしまうのがどうかしているぜ!良い歌だぜ!

で、思ったことはアンさんの声はモザイクっていうよりもグラデーションなんだなぁと。

なんていうかフツーとフリーの極端にばきっと分かれてるように思えて、その中間をじわじわ埋めて行く声音みたいなのがあるような。お上手になられてそれだけ声を操るのが器用になってるのかもしれないが。

「・・・体操第一」のラストサビ(?)前のフリーっぽいのに高音ですごい綺麗な声で歌ってる部分(フツーの声ともかぶせてあるけど)を聴いててそれを思ったな。

ていうか正味な話フリー声はふざけてるように聞こえるけどよく聴いたらすごい綺麗な声だよ!アンさんうまくなってるから最近はきっと余計にですよ。

 

しかし書き下ろし楽曲が多いということはカラオケではなかなか出会えないってことだ・・!!歌いきれる自信もないけども・・・

うーんでもそのうちDAMさんの方とかでちょこちょこ増えてくれることを・・私は待ってみるぞ・・・

でも最近になって、JOYでもDAMでもオマツリアンドゥワールドが配信されたのは喜ばしいことです。JOYはYMさんのボカロ版のみだけれども。

いつか、ふじこ収録の書き下ろし楽曲も配信されることを祈って今は世界の端っこのほうで、今はそいそい言ってるぞ。

 

そしてワンマンまで1週間切ってんだなぁ

そして記事長いし知った風なことまた書いて!今は良いけど読み返して恥ずかしくなるだろう。んん!ミーハー怖い!