頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

SrG行ってきました(ライブ編)

前回 開場前編のあらすじ

4月19日、中野サンプラザホール、Subcul-rise Generation(サブカライズジェネレーション)前夜祭に参加するため東京へ旅立った私とF氏。

田舎者丸だしの旅路を(良い意味でも悪い意味でも(笑))ノリノリで満喫しつつも、関東在住の友人ちぃさんと久々の再会を果たし、別れたあとは、妙にしみじみした気持ちで開場を待つのであった・・・

 

と、へんなあらすじ風に書いたけど

前の記事が長くなったから分けただけだよ。

昨日のうちに書きたかったけど疲れて(笑)書き切れなかったさ。

 

さてライブですよ・・・いよいよですよ・・・!

 

いよいよ開場となったけど、結構な人数なのでそんなすぐ入場できるわけでもなく・・・しかもホール入り口から外へ並ぶことになる=寒いのでしばらく様子見。結構あとの方で入りました。

しかし6時30分開演のところ、20分になっても100名近く外にいるので大丈夫か・・!?と不安になりながらも、なんとか我ら入場。25分頃。花を見ようとしたけど「まもなく開演で~す」の声を聴いて「入ろう!」となっていよいよホールの中へ。

そして我々の席、9列目16、17を探すことに。(ライブ初心者は実感わかなかったけどF氏やちぃさんから言われて「だいぶ近いよ?!すごいね!?」って言われて改めて嬉々としてた)

「9列目~9列目~」「9列目あった!けど16ってどっちだ!!」「あっちだ!」「こっちだ!」

と行ったり来たりしてたら

 

上演中に際しての注意事項の放送が流れたんですよね

 

まさかのアンさんですよね~~~~

 

 

「ヤバイ!!」「ヤバイ!!」とここにきて本当にリアルにテンションマックス。

見事なフリーダム声で、しかも録音じゃなくて多分今まさに読み上げてる感じだったので(「避難誘導灯」で噛んでた)「喋ってる!!喋ってる!!リアルに喋ってる!!」みたいな。

物販でご自身のラジオCDの宣伝もそこそこにアンさんの「それでは開演までもうしばらくお待ちください」の声までには席に着くことができました。

 

私「F氏・・・F氏よ・・・どうしよう」

F氏「お、落ち着け」

私「喋ってたぁ~~~喋ってたよぉ~~~ F氏、手、手を握ってもいい??」

F氏「い、いいよ!ほら!」

私「手が冷たいのよォォ~~」

みたいな茶番もそこそこに「あ~~ここまで来ちまったんだな・・・!」みたいな高揚感を味わっていました。

 

多分開演は40分過ぎてたと思う。

いよいよ場内が暗くなって、若い女の子たちの息を飲む感じの黄色い声、まだ「キャーーー」まではいかない、はち切れる直前の緊張感。

で、音楽が鳴り出しまして

後ろの方から悲鳴みたいな声が上がったかと思いや、なんと!!!なんと!!

黒いローブ(キングダムハーツの13機関と言ったら分かりやすいと思う)をかぶった出演陣が客席を通って登場ですよ・・・!

自分通路から3個目くらいの席だったので超近くで見れた・・!ギョオオ・・・!

そしてそのまま暗い舞台で整列っていう演出がめちゃめちゃかっこよかったです

うおーーすげーーーー!!ってなってた。

(ああん文字にするとなんか違うのは承知なんだけど~~~~!!雑多なんだけどでも自己満足なんだ!!)

 

さて思うままに書いて行っちゃうよ。

曲数とかじゃなくて出演者さんに主眼置くので、曲順書いてあっても途中飛ばしたりしてます。

セットリストとかきちんと知りたい場合は他でお調べになってね!!(正直、自分歌ふんわりとしか知らないものもあったんで(ごめんなさい)参加したくせにセトリは・・・他の方の書いてくださったのを見ただぜ(二重にごめんなさい)

あと、文章の中に、やたら「ごめん」が多いです。

これは、なんかこんな僻地ブログでも罷り間違ってファンの人の目に触れて「ちげーし!知った風なこと言ってんじゃねーよ!!」みたいに思われるのが怖いから、っていうのもあるし、自分の感覚とか表現に自信が無いからですな。

でも書かなきゃ始まらないから俺は書くぜ!

なんだかんだ言って「ごめん」と言いつつ書きたいこと書いてるしね(笑)

 

 1曲目が赤飯さんとNeruさんだったんですね(ロストワンの号哭)

すげーーよ!!赤飯さん目の前にいるよ!!???シャウトしてるよォォ~~!!うおおおおおお!みたいな、大興奮。もう、ガン見。

せせせ赤飯さんかっこよかったな~~~なんか出演陣の中でのライブ経験値が抜群に高くていらっしゃる感じがして、パフォーマンスも声量もすごい安定感だった・・・なんというか、MCの姿を見てても今回のライブのリーダーという立場だったんじゃないのかなぁ・・・みんなをサポートしつつ抜群のパフォーマンスで引っ張るという・・真の実力者とはこういうことか・・みたいな・・・そんな気分になり申した・・・

そう、MCもね赤飯さんとても話し慣れている感じがして、関西弁の気の良いお兄さんて感じで、本当に素敵だった・・・一番初めのMCがまじ娘さんとだったんだけど、そのときもまじ娘さんをリードしているような感じで、今回の出演陣みんなのお兄さんという雰囲気を感じて、なんて素敵な人なんだろうと・・・!

まじ娘さんと赤飯さんの「馬鹿はアノマリーに憧れる」は、前日に投稿されてて、まさかまさか?!と思ってたら、まさに歌ってくださったんで、ウワーーすげーーー!!!ってなりました。本当にそうなんだ!!みたいな。本当にこうなるんだ!!みたいな!!?(さっきからすげーとかしか言えなくてすみません)

 

Neruさんのお姿は初めて見たのだけど(ていうかニコ動活動のアーティストさんは有名でも顔自体を見ることは少ないから)すっごい暴れながら演奏している姿とその見た目から、勝手に「こういうのがカリスマというのか・・・!?」みたいな変な気分になってました、不健康そうな細い見た目となんとなくもじゃっとした頭とこの暴れまわる感じ・・・!これぞ本物のロックなのかもしれない・・いや自分は!音楽のことはよくわからんけど!気分は!「すげぁぁぁええ!!」って気分は嘘じゃない!から!!思うまま書くよ!?

Neruさん暴れすぎてスタッフさんにベルト?バンド?みたいなの直されてたように見えた。

「??!!一曲目からすごい人出てきたなめっちゃ暴れてるぞあの人そうかあれがNeruさん!!!」みたいな。衝撃でした。

 

2曲目は引き続きNeruさん、ボーカルはS!Nさん、そらるさんのダブルボーカルでしたが、私もこのお二方の顔は見たことなかったので「どっちがどっちだ!?」みたいな感じでまたガン見(ファンの方ごめんなさい)でも歌声と、ツイッターのアイコンのイメージがあったから、すぐにどっちがどっちか分かりました。

ていうかこのお二方の女性人気すごいのね・・・!?出てきた瞬間の「キャーー!!」みたいな、いや他のキャストさんもキャーキャー言われてはいたけど、このお二方に関しては黄色い声の黄色さが高かったような気がしましたよ・・・

 

S!Nさんはすっごい細身で、綺麗な顔立ちだけど鋭い雰囲気の青年でしたが、色っぽいかと思えばヘドバンするような激しいのも歌い、なんというかダーク路線な正当派の人と言う感じがしたんですよ(よくわからなくてごめん)丈の長いカーディガンというのかね、そういうの着ててしかも背中に十字架が入ってた。良い意味だけど、まさに厨二病心を体現するポジションの方だったように思われる・・・!

 

一方そらるさんは、優しい顔だちのお兄さんでした。こちらは王子様系な正統派って感じがしたな・・・(笑)

過去に雑誌のインタビューとかツイッターとかで発言読んだことはあったので、それを見る限りでは、勝手に、育ちのよさそーな優しげな人だな~~と思ってはいたのだが、まさにそんな感じで・・・(偏見と妄想大いに含む)

いや~~そらるさんね、動画でも聴いたことあったけど、生歌・・すごい、すごいお上手だったね・・?聴き惚れるとはこういうことか・・!!ってなってしまった。しっとり系も歌われてたんでね・・・

スズムさんとの、お付き合いの長さが感じられた「絶望性:ヒーロー治療薬」はなまらかっこよかったのです。お互いの信頼感みたいなの伝わってきた~

この曲の直前のMCでスズムさんが「もしかしたら皆さんはこの曲聴いたことあるかもしれないしないかもしれないけど・・・」って言ってたんで「もしかして 絶望性?」ってF氏に耳打ちしたら「グッズにもあったし多分そうだと思う・・・」ってF氏が答えてくれて、そしたらまさにそうだったですよ・・!

(絶望性~はアニメのための曲だったので、投稿はされてないし音源としてはCDしかないから、ダンガンロンパアニメ知らなければ知らないかもしれない曲なんですね)

なんというかさ、この曲、ダンロンのアニメに起用されたときに色々言われてたの知ってるけど、私は好きだよ!!かっこいいよ!!

ダンロンアニメのために作られたこの曲が、作り手であるスズムさん、そらるさんの生歌で聴けるっていうのは凄いことだったですね・・・

F氏はダンロン好きだから喜んでくれてた~

 

三曲目がまじ娘さんとNeruさん。

まじ娘さんね・・・!YMM買う頃に色々聴いて、YMM買って、すっごい良いわ~~この方ぁぁぁ~~~ってなっていたんで・・YMMで聴いてたあの人が!!今目の前で歌ってはるって!すげぇ!!って!!

普段、考えてみたら自分男性ボーカル聴くことが多かったみたいで、久々に聴きこんでた女性ボーカルの一人がこのまじ娘さんだったので、本当に嬉しかった・・・

ややハスキーだけど高くて可憐な声で、しかし鋭さがあって・・!!いつまでも聴いていたい声であった・・・

OSTERさんとのゴシップはジャズ風味ですごいエレガントだった・・・何度でも言おう、私は!!まじ娘さんの声を!!いつまでも!!聴いていたい!!(うるさい

さっきも書いたけど一番初めのMCが、まじ娘さんで、そして途中で赤飯さんが出てくる、というものだったんだけど、喋る声もすごく可愛らしかった・・・赤飯さんに指導されて(笑)MCする姿がとても微笑ましかったです。

 

そして5曲目がとうとう・・・あれですよ・・・これですよ・・・

もう出演順リストは渡されてたんでねェ・・・うわ~~ついに来たか~みたいな感じで?そして私以外の皆さんも結構そう思ってた感じで!?やっぱり人気なんだね!!!???途端に色めき立つ場内。

そうですよ・・・我らが___(アンダーバー)さんの登場ですよ。(うわ久しぶりにフルネーム(?)で記述したらすごい照れるわこれ(どういうことだ)

ウワ~~~このベースで始まる感じめっちゃ知ってるわ~~みたいになって「ギガンティックO.T.N」だものこれもう凄いことよ?凄いよ?

うわ~~ついに!!ついに見ちゃった!!うわ!私、私、すごい見てる!!すげぇ!!すげぇやべぇ!!!みたいになってもうとんでもなかった。もうとんでもなかった。

ていうかね、DVDで見てたり雑誌で見てたときは「かっこよすぎてちょくしできない」とかふざけたことを言ってたくせに(それがゆえにきょじさんやF氏に突っ込まれたりしてたけど)実際に、その場にいると思うとね「もう、一秒もこの人の一挙手一投足、見逃すべからず」みたいな妙なガッツが芽生えたよね。もう超ガン見したよね。(きもいのは百も承知だ)

イヤ~~アンさんめっちゃ飛んでたな~~めっちゃ回ってたな~~、飛びまわってたから、へそ見えちゃったよマジで、へそ見ちゃったよ

ていうか他の男性出演陣がシュッとした現代のイケメン風ファッション、あるいはバンドマン風ファッションなのに(文字ばかり多くて何一つ伝わらない)、アンさんだけマントとハットと仮面てほんと・・・アニメかっていう。いやそこが好きなんだけど←

全員でステージ立ったときとか・・・「あれ一番右の子だけなんか違うんだけど」的な感じでね。いいよね。

アンさん歌うときだけ仮面のダンサーさんが付いたり、また、「過食性:アイドル症候群」のときはスズムさんも仮面付けてたり、はたまた大きなバナナのクッション(?)が出てきたりゴリラに仮装した人が出てきたり、「ハイサイおばちゃま~」のときはアフロでエプロンした人が出てきたり(多分ゴリラの仮装の人と同じなんだろうか・・?)、赤飯さんやYMさんをしてかつて「遊園地感」と呼ばしめたアンさんの世界観が、ここぞとばかりに表現されてました・・・それを生で見ちゃったんだぜ自分・・・。うごごごごごご。

他のみんなと明らかに異質なんだけど、その異質さを飲みこんで一つのライブになってるからそれが凄いんだよなぁ!!

フツーとフリーの切り替えを生で聴いちゃったよぉ~~うわ~~やべ~~~

そして衣装が変わっていらしたんでね・・!もしかして初お披露目だったんでしょうかね?それだったらすごいな~~~

おおおアンに関しては書きだしたら止まらないですねwwあからさまでごめんねww

 

6曲目が先程も触れたOSTER projectさんとまじ娘さんのゴシップ。

OSTERさんも初めてお姿拝見したのですが・・・!黒いドレスで、ご自分も仰ってたけど魔女みたいで素敵だった・・でも口を開けばなんとも等身大な感じで、もじもじしながらCDやら本の告知をされている姿がほんとに可愛らしかったなぁ(可愛らしいとか失礼かもしれないが)

そしてそんな衣装で、軽やかにキーボード演奏されてる姿はほんとにかっこよかった・・・!OSTERさんの曲は、ミラクルペイントがほんとーに大好きですごい聴いてたし、有名曲も多いし、最近Alice in MusiclandとかMusic Wizard of OZを聴いてて「うわ~すげ~~ひぃぃ~~」ってなってた記憶も新しかったもので、まさか今回お姿を見れるなんて思ってもいなかったんだ・・追加出演陣発表のとき目ん玉飛び出るかと思った。

7曲目のOSTERさん、花たんさんとのMCが、ほのぼのしてとてもよかったです。

 

花たんさんも、歌がすっごい上手いと評判で、初めて名前を知ったのは去年の秋の歌ってみたの本読んでたときだったんで、まさかそんな雑誌で読んだボーカリストの方が来るとは・・・なんということなの!ってなりました。

歌・・・もう禿げるかと思うくらいにお上手だった・・・多分あの瞬間私は禿げた。あれってさ・・あれだよね・・・天に届く声だよね・・・(もう今夜の私は平気でこんな言葉も言っちゃうんだぜ?(なんだよ)

その後、花たんさんのツイッターとか拝見したら「本当はすごくライブとか苦手で、(事実、MCで「できるなら早く帰りたい」とか仰っていたし・・(笑))凄く不安だったんだけど、今回はすごい楽しめて・・」って発言されてて、なんか、あ~~~今回のライブって、出演者の皆さんにとっても、とても良いものだったんだな~!?その場に自分いたんだな~~!?って、なってくそ嬉しかったです。

なんていうかの、勝手な偏見でごめんね、でも想うんだけど、花たんさんふくよかな方だったので、ちょっとこうコンプレックスとかあったのかな~とかさ・・・思ってさ・・・そしたら、なんかシンパシーと愛しさがさ・・・溢れだして止まらなかったんだよ・・・!!

 

で11曲目がスズムさんがソロでギターとボーカルという。嘘つきピーターパン。

スズムさん、この日がお誕生日だったんですね。

なんかそれもあって、この日、急きょ(なのかどうなのかはわからないけど)ボーカルもやるってことになったそうな。

これもまた、その後のツイッターを追って行くと、わかるのですが

本当にこれもスズムさんにとって大きな出来事だったんだねぇ、と思うと、くあ~素敵だな~~と二重に感動してしまうわけなんですよ。

あれね・・・ツイッターしてると、勝手にその人に親近感沸いてしまってだめね~だから勝手にスズムさんとかすごい親近感感じててさ・・・

見た感じも爽やかなで元気なクラスの人気者系の少年って感じの人でさ(いや、22歳の男性に少年っていうのは失礼であるかもしれんが)

あ~~よかったよね~~スズムさん~おめでとうぅぅ~~ぅううって勝手になんか感極まってましたのことよ。

 

13曲目、の前に赤飯さんのMCが入ったのですが・・なんと、13曲目はシークレットゲスト、てにをはさんが参戦されましたのですよォォォ!!

なんか数日前のツイッターでてにをはさんと赤飯さん一緒になんかやってたからまさか・・?って思ってたら・・まさかだったよね・・!?ていうか赤飯さんすげぇな!!ファンのドキドキ感煽る演出ばかり仕掛けてくるんだこの人・・・!

てにをはさん「古書屋敷殺人事件」、前にきょじさんがカラオケで歌っててすごい気になってたんだけど、まさかここで・・・て、てにをはさんご本人を目にするだなんて・・・!!

着物着てギター弾いてこの方もすごいくるくる回っていらっしゃった。ていうか演奏する皆さんはあんなに暴れてても正常に演奏できてるの?す、凄いよね・・

 

14曲目がS!Nさん、150Pさんの「終焉ノ栞

S!Nさん、前半の色っぽい感じや、ヘドバンするような激しいのの他に、こういうかっこいい突き抜ける感じの歌い方もするんや・・・・!!ってなって、とても・・とても素晴らしかった・・・

そして150Pさんもツイッターやら生放送やらで勝手に親近感沸いてて、お姿を拝見出来て嬉しかったのですよ・・・!!

150Pさんの終焉ノ栞シリーズはそこまで詳しくは知らないんだけど、カゲプロを引き合いに出しちゃいけないけど、それと比較されることも多いくらい、プロジェクトとして力を持ってるシリーズだと思います・・・!

150Pさんめっちゃいじられてたけど、人のよさそうな好感の持てるお兄さんで・・すごく楽しそうに演奏されてたのが印象的でした。ザ・好青年って感じの人に見えた。

あの楽器はなんていうか楽器なんだろう・・キーボードとギターが合体したかのような・・・?(無知ですみません)

今回、このほかにもラスト男性ボーカル陣全員で「在来ヒーローズ」を歌ったり、150Pさんの終焉ノ栞シリーズに注目されてたように思います。

150Pさんも終わったあとのツイッターで良いこと言ってたのよ・・・(ほろり)

私ツイ廃みたいだけど、まあツイ廃に片足突っ込んでるけど、こういう作り手と受け手の距離感を埋めてくれるっていうの、あるから、ツイッターってやっぱり捨てたもんじゃないと思う;

 

 

ふぉお~~おお~出演陣全員、書いたぜ~~これがやりたかったんだぜ~~!!

途中途中曲飛ばしたりしてすみません。今回は出演者の皆さんに主眼置きたかったので曲については細かに触れなかったけども!でもほんとに、ほんとに、ほんとうに!!全部素晴らしかったのです!!

・・・・憧れの幸福安全委員会で生わっしょいできたしな・・・?(ブルブル)

そしてね~~ツイッターで出演者の皆さんが言ってらしたことだけど、バンドメンバーの皆さんよ・・・ぎぶそんさん、setsatさん、kei nakamuraさん、ぐーさん、有木竜郎さん、他の誰よりも舞台に長くいて全ての曲弾いて、って考えたら・・いや考えなくても・・・す、凄いことだよね・・・自分は音楽詳しくはわからんけどもさ・・・!

そして、表には見えなくても、この裏でもっとたくさんのスタッフさんがいたんだな・・・そういうもんなんだな・・・

 

本物のライブって、本当に、見るべきだな、見て良かったなって、今になって、ほんとうにしみじみ幸福感味わっているのです・・・

 

うん、なんかあれよ、もっとこまごま書きたかったけど、とりあえず今は、一通り書ききったから、ここはここでやめとくよ!これだけでも相当長いけどね!

幸せだった。いや、なうだ。幸せだ。筋肉痛にもなったし!

あーーー幸せだ!