頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

そしたら君と

久々に怪談レストラン初代ED見たら心拍数がぱないことになりました。息を止めてみてしまったよね、やっぱりあのEDは神だ・・・私にとっての個人的唯一神と言っていい。お二人それぞれの手首と脚の美しさに注目なんだから!変態じみてると言われたってやめないんだから!


夢に二次元キャラが出てくる話って気恥ずかしいんだけどよくあることだしやっぱり嬉しいからしてしまうんだが
先日、廃墟の帝王であるところのゼラが夢に出てきました。
別になにをするでもなく、自分があの子にただ呼び掛けるだけで終わる夢でした。
だが何やら切ない気分が残る夢でした。
たぶんぼくひか後半のゼラの過去話とか思い出していたせいだろうかなぁ・・・
ぼくひか、2巻まだ買えてないのだけど
もうなんだって、どうしてか悲壮に見えるゼラに好きだって言ってやりたい、そんな気分になるのである。

切なかったなーというのを思い出して書いてみる気になったのはたぶん今日スカイ・クロラ読んでたから。