頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

霞むような光

最近、友達にオススメされて某方の実況動画を見てました。ホラーゲームである「零シリーズ」の実況。お陰でゴーストバスターズとレッツゴー陰陽師とリングの主題歌(タイトル知らん)が頭から離れなくなったよww

零シリーズ、昔から知ってたはいたんですが、ホラーゲーム全くできない人なので、お近づきでなかったんです。が、実況見てればお話自体はとてもおもしろかったです。いや、怖いのは怖いのだけど・・・。謎が気になるというか・・・

見たのは「赤い蝶」だけですけど。
ただ、PS2版ではED,裏EDともに、おねえちゃんの望みはそれなりに叶えられるのに主人公である澪ちゃんがどうしたってなんか可哀そうな終わり方をするのが私はちょっと悔しかった・・・。いや、最終的には悲しいけど受け入れているのだろうけど・・・。「おねえちゃん」自身はいなくなっても一緒にいるのを選ぶか、歪んだ愛情でも生きて一緒にいることを選ぶか、という感じで・・・。
ああいう不条理だけど美しいみたいなEDは嫌いじゃない、嫌いじゃないよ!でも個人的に主人公としてここまで努力したら(実際プレイヤーは一生懸命やってきたんだし)EDではちゃんと救われて欲しい・・と思うのが人情だよねwwまぁここでちゃんと正しき絶望を与える(笑)のもホラーゲームの醍醐味とも言えるのかもしれないけれども。
と、数日もんもんと考えていたんだが(笑)XBOX版での追加EDを見てちょっと元気になりました。続編につながらないエンドとは言え、「赤い蝶」の単体として綺麗に終わる良いエンディングだと思う。しかも他のみんなも救われているような描写がね・・・もうほんと「よかったねぇぇぇ(ブワッ)」みたいな感じですよ。綺麗過ぎるから嫌って声もあるけど、私はハッピーエンド大好きなんで全然どんと来いでした。

・・・・こんな偉そうに書いても、まぁ、自分でプレイしてるわけじゃあないんですけどもね・・・いや、でも面白かった。実況者さんが本当にお上手な方だったのでさらりと見れたし、是非他シリーズも見たいものである。
ただそうとは言えホラーゲームなので視覚的な刺激のことを考えると(笑)なかなか見るのには勇気がね、いるわけであるが・・・

余談だけど、写真を撮って幽霊と「戦う」ゲームなので、がっつりヒーローっぽくパロディしたネタとかあっても面白そうだ、とか(雰囲気ぶちこわしだよ)
だって「フェイタルフレーム」とか響きがかっこいい。呪文とか技の名前みたい。
主人公「くらえ!フェイタルゥゥ・・・フレェーーム!!!」
幽霊「ぐわぁぁ!」
みたいなさ。幽霊の皆さん大概ちゃんとダメージ受けたとき声挙げるし・・・
こういうパロないかなとしぶで調べたりしたけど見つけれませんでした(笑