頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

ギャングスタのはなし。

年末やこの前の飲み会であまったお酒を、痛ませてももったいなからって(お酒なんてすぐ痛むものでもないんだけどさ)今すごいペースで消費してておかしな状態になっている。(だから酔っ払った状態でばかり更新するのやめろっていう)

後輩から貸してもらった「ギャングスタ」がすごい面白くて感動しました。しかも作者さんは北海道の方なんですね、なんだか嬉しくなってしまった。
ギャングスタ、本誌でちょろっと読んだことはあって(バンチでは兎丸先生の「人間失格」がやってたのでついでに読んだことがある)「これちょっと気になるな」と思ってはいたのですが、まさか後輩が買っていたとは・・・「完璧ジャケ買い」って言っていたけど。確かに絵がむちゃくちゃかっこいい。知っている作家さんで近いところを上げるとすれば黒乃奈々絵さんかな?クロノさんをもうちょっと硬派にした感じ・・・ってわからんわって話ですけど。
そして、・・「なにこれ面白ッ!!」てなったのは正直俺ホイホイの程良い感じの「おっさんようじょ」要素が盛り込まれていたからですよ・・・ニナちゃんGJ!もっとお願いします(おいこら変態)「おっさんようじょ」っていうか「おにいさんようじょ」が好きなんだけどね私は。でもニコさん30半ばだから十分おっさんだよな・・・
勝手な偏見だけどあの手の雰囲気の作品にいまどき珍しいノマカプ推しな感じ(あくまでも個人的な受け取り方だけどね)が余計に好きな感じだった。いや、あくまで別に同性カップルが嫌ってわけじゃなくてノマカプがより好きっていう、それだけの話なんですけどね!・・・こういう話題を出すたびにいちいち言い訳するのもなんだかなぁ・・・・
そしてまた勝手な個人的見解、というか自分の知ってる作品を照会するとするならばの話ですが、「内藤先生の『トライガン』をもうちょっと『黒乃奈々絵的な耽美なテイスト』にした感じ」の作品でおそらくトライガンとか内藤先生の作品好きな
人や、黒乃先生のアクションものとか美青年もの好きな人ならハマりそうな印象を受けました。ギャングアクションものというか・・・
というか「ニコラス」という名前でこういう裏稼業してる人(しかも薬漬)を見て、トライガンとの浅からぬ縁を感じたよね・・(もしかしてコースケ先生はトライガンご存じなんだろうかとか思ったり)しかも作中での「ニコ兄」呼び、ぱくりだと指摘するつもりは全くなくて(もしかして私の知らない古典(?)に元ネタがあるのかもしれんし、ニコラスって名前は別に珍しい名前じゃあないからな)この共通点にただただ嬉しくなっちゃいますよ。

キャラ要素もさることながら、こまごまと配置された謎や各勢力の関係性も頭使うので、そこでも凄い面白みを感じています。この伏線に頭使う感じ、ハガレンとかラインバレルにハマり込む感じを思います。

うーん、いやぁ、久々に本当に好みにフィットする、良い作品に出会ったものだ。これからもちょっと楽しみにしていよう。