頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

今日からテとかマとかつくような、なんかそんな感じの自由業っていうほど自由じゃないんだけど、なんかそんな感じ

の、帝都守護のお仕事に励みだしました。

ええ、アバドン王ですよ、昨日初プレイしておりました。

いやーーとにかく大正レトロ、大正浪漫なのです、多分。

趣のある街の中を自由に走っていけるのがほんとに楽しい。

角を曲がったら猫がいて猫追いかけて筑土町を駆け廻ってました。

戦闘も楽しいです。

「はいっじゃあ君はその技で弱点ついてね!そしたら私が斬るからね!危なかったら召し寄せるからね!走るからね!」みたいな感じでバタバタしつつも楽しんでます。

回避と防御が下手くそで模擬戦で一度死にましたが(相手の放った技に回避で突っ込んでいくという始末(なんという

威厳のある声から「お前の実力がこんなもののはずがない」みたいなこと言われたけれど、こんなもんもそんなもんも私は初めての戦いなんですよと言いたい。

ストーリー上はライドウ君はしばらくキャリア積んでることになってるので仕方ないね。私の腕が悪いせいで申し訳ないね・・・

主人公の名前をつけるのにかなり悩みました。

というのもライドウ君はライドウ君だから他の名前って言われても思い浮かばないんだ・・!(詳しく説明すると、ライドウって言う名前は襲名した名前なので、主人公には他に本名をつけることになっている、デフォ名はない)

基本的にストーリー上はみんな主人公の本名知らないので葛葉とかライドウとか呼ばれるんだれど、ゴウトちゃんとか仲魔とかからは本名で呼ばれる、と言う感じ。

変に凝ったオリジ名つけると厨くささにいたたまれなくなる自分なので、最近身近に聴いたかっこいい名前から拝借しました、字は違うけど、読みが(笑)これはこれで厨くさいかもしれないが・・・まぁ自己満足自己満足ね、ズガタカ

で、うろうろしてるのでまだまだ序盤ですが大変おもしろいです。

ここ最近根気が無いのでいつまでかはわからないが、とにかく楽しんでみよー

 

そういえばサマナーとデビルチルドレンてどっちも「コォォォォルッッ!!!」(藤異的な)するのにどう違うのか、というのについて思索を深めたりしてた(笑