頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

ヒノエルート(遥か3の話)

遥か3やってます、と言ってた舌の根も乾かぬうちに「アバドン王!アバドン王!」とか言い出す始末なので、本格的に大正浪漫に旅立ってしまう前に遥か3を区切りのいいところにもっていきました。

というのもヒノエ君ルートの途中でとまっていたんでね・・・話を忘れてしまう前にクリアしておこうということで。

無事、昨日クリアしました。

ヒノエ君ルートは序盤からヒノエが仲間になって序盤の会話の中にヒノエが参加したり、熊野では今まで見たことない展開があったりと、一層新鮮な気分で楽しめました。

知恵が高いと仲良くなりやすいヒノエ君、選択肢も賢そうなものを選ぶと反応が良くて、なんというか神子とヒノエ君、お互い賢く一枚二枚上手のやり合いという関係性が面白かった。最後の「大人しくさらわれると思う?」っていう選択肢が、「まぁ望美ちゃんたら随分たくましく不敵になって!素敵だ!」って感じでした。賢くかっこいい女性が大好きです。

「潮もかなひぬ」の歌が出てきたのは嬉しかったです。空色勾玉スピンオフのタイトルだったんだこの歌。それと大荒れの海上の船の上で戦うって、白鳥異伝みたいで荻原作品に想いを馳せて嬉しくなったりしていた。

あと昨日は久しぶりに気が向いて大河ドラマ平清盛見たあとでやっていたので変な気分でした(笑)いつも思うんだけど遥か3の清盛はヒジが綺麗だよね、ヒジが。子ども特有のすべすべ感だよね。(何を

ヒノエルートでもちょっと平家方の事情が掘り下げられて(忠度さんはヒノエくんの親戚なのね)またちょっとしんみりしてました。始めはただの悪党に見えていた維盛さんも、どうしようもなく哀れに思われてきます。生前は心は弱いけど優しい人だったんだろうなぁ。だからこそ怨霊になって性格が歪んでしまったのかもしれません、ていうか敦盛くんのルートでそんな話が出ていたような。

少し寂しかったのはヒノエくんメインなんだから仕方が無いにしろ、他の八葉メンバーの出番が少なかったことかな。どっちかというと熊野水軍が信頼できる仲 間という感じだった。まぁ、他のルートではあくまでヒノエ一個人としての参戦だけどヒノエメインだと熊野水軍が参戦というシナリオなんだからおかしくはな いんですけどね。

というわけでヒノエルート、無事クリアです。

それにしてもあの縛られてるスチルに「いやだわいやらしいww」ってなったのは私だけではないはずwwwヒノエくんはやたらと脇をみせてセクシーアピールしたがるよねwwww