頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

兎丸先生の話

さて買ったままでなかなか読めてなかった兎丸先生の新刊2つ、「ぼくらの☆ひかりクラブ」上巻と「帝一の國」の2巻さっき読み終わりました〜(ていうかいままでぼくひかも「光クラブ」表記してた!恥!)
先生自身も言ってたけど、一緒に読むとコマ割りの違いとかテンションの違いとか楽しめて面白いですね。

ぼくひかの話。
「ライチ☆光クラブ」の前日譚、小学生編です。
太田出版ウェブコミックぽこぽこで連載してたもの。
私も連載一応追いかけてたので、上巻の話は一応一通り読んだことあるものばかりだったけど、コミック化してくれたらじっくり読むことができるのでありがたい!読みなおせるし。
小学生編、普通のところからだんだん歪んでいくところが怖いですね。
「ライチ」につながる布石みたいなのを思うと、ちょっとしんみりしたりしてしまうところが多いのですが・・・(パチンコのシーンとか、ニコのこととか)
少し思ったけど占い師は、あれ、いい加減なこと言ってたという可能性もあるのかもしれないよな。
それを少年が本気にしたがために・・・という。
ダークな雰囲気の本編ですが、まさかの巻末に、エロティクスfに載ってた四コマ作品群が収録。なここれ嬉しい!ライチ連載後に載ったもののはずだから、これが今回この単行本に収録されるのは、ファンにとってはすごく貴重だと思います。
本編が暗いだけに、同じキャラがギャグやってるのでなおさらww
この前連載見逃した・・・といいつつ、先程ぽこぽこサイトに飛び、最新連載話を呼んでしまいました。飛ばした?のかもしれないのだが話がわからないことはなかった。どっちにしろ読み返せないのなら、進むまでだ!(?)
兎丸先生のブログによると、もう最終回描き終えたとのことで「もう二度とライチを描くことはないと思うから、寂しい」と仰ってました・・・もう二度と描くことはないと聞くと寂しいですね・・・兎丸先生の作品、初めて読んだのライチですし、それでハマったのですし・・・
お話は終わってしまっても、何かの機会にまたライチ描く機会があったら嬉しいなと思います。


帝一の話。
ぼくひかとは打って変わってハイテンション(だが本人たちは至って真面目)な学園闘争もの。ほんとだコマ割り大幅に違う!
兎丸先生の作風の幅、ぱねえと思わざるを得ないのであった。もともとギャグも描いている方だからなのかな・・・
1巻よりも笑える要素が多かったような気がする。校旗のあれやこれやのときの帝一くんのお父さんの回想シーンとかねww「この記憶じゃなくて!」とか。いや、本人たちは真面目なんだけど。なんというか、描き手が笑わせようとして狙ってる感じの真面目さというかね・・!
あれですね・・ちょっと思ったけど、「π」の宇治先輩的ツッコミポジションが不在なためにこんな感じになってるんだと思う(笑)πといえば、氷室先輩の相方の駒先輩、πの夢人くんに似てるよね(でも正直言うとπは結構前に読んだしまだ全部読んでない(お前))
もちろん、絵はものすごく美しいです。
「ぼくひか」という情緒あるダークな作品読んだ後だと、「帝一」の硬派だけどぶっとんでるテンションの高さ、ほっとします(笑)
SQ・19からSQ・に移動になるんですよね。先生頑張って!
ジャンプ本誌は全くタッチせず、SQ作品は好きな私・・(笑
そして予告でピカソ出演(笑

・・・今ハッとして幻ピカをちらっと確認したんだが、ピカソ17歳てことは、高校2年か3年(確か2年だった気がする、あとで確認)帝一は1年なので、ピカソが年上。そして良く考えたらゼラなんて14歳なので中坊(←無礼)
ピカソが一番年長ということにちょっとびっくりしたのであった。まぁチビ設定だから仕方が無いけどね!
あ、でも帝一=昭和(架空だけど)、ゼラ=多分昭和、ピカソ=多分平成、
同じ時間と考えて一緒にしたらまぁ妥当なのか(何が
というどうでもいい考察(?)でした。


兎丸先生はやはり好きだなーこれからも追いかけます。
でも実を言うとまだ読んでない作品の方が・・多い・・が、頑張る!