頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

MADと歌の関係について。

タイトル、レポートかよっていう。



で、四畳半の話もやっぱりすんのかっていう。します。すみません。

ていうかMADの話ね。





私はよくMAD由来で知らなかった曲を覚えることがあります。

例えばOPパロ手描き系のやつとか、自分の好きな作品でパロディされているのを見て、歌を覚える。実は元々のオリジナルOP知らないけど曲だけ知ってる。みたいな状態が多々(笑

GロボハマってMAD漁ってた影響でカラオケでゴレンジャーとかバビル2世とかRunner入れるし(笑

ポケスペ手描きは相当見たから、それ関係で曲を聞いたのも多々。



で、今回四畳半MADを漁りまくってて、今度はデュラララ!のOPEDにハマりました。

デュラララ!はOPEDパロ多いから曲は元から知ってたし「いいなぁ」とも思っていましたが、ここにきて一挙にエンドレスで聞くくらいのレベルになってきました。(例によってデュラララ!は見たことない(見たいとは思っては・・・いるよ!(何)

ポケスぺ手描きで「TrustMe」から入って、新劇ヱヴァMADで「コンプリケイション」、四畳半をきっかけにして「裏切りの夕焼け」良いじゃん!となり。(全部デュラララ関係無いじゃん

・・・あ、二期のEDだけなんだか馴染みが無いな・・・!すみません。

今一番いいな〜っていうのは「裏切りの夕焼け」です。迫力あって好き。



アニソン風を感じさせない歌ばかりな印象ですね。良いと思います。デュラララ!に限ったことじゃないけども。最近のアニメにはよくある傾向なのかもしれない。

アニソンアニソンしてる歌ももちろん好きだけど、こういう一見(?)アニソン風でないところを起用すると、見てる側にも作ってる側にも「広がり」ができる気がして素敵です。抽象的な言い方だけども。





四畳半MADはデュラララ!OPパロの2つと、例の小津MAD(笑)と、凛として咲く花の如くのが個人的に四強です。

デュラOPパロのは作り手さんが一緒だけど、どちらも高クオリティのパロディで(公式と言われても納得しそう)きめ細かい技に感動。

あと小津MADは、「だって、小津だから」というのばかりでなくて、主題歌の「迷子犬と雨のビート」を使ってる良作MADだから大好きっていうのもあるんです。べ、別に小津だけが目的で見てるわけじゃないんだから・・・っ!(何さ)アニメオリジナルのあのシーンで、小日向さんに走り寄ってる小津の「阿呆並みの純愛度」に感じ入って胸いっぱいになるとかじゃないんだから・・・!

凛として咲く花の如くはロックにのせて、かっちょいい仕上がりです。これもまた有名曲ではあるのですが、このMADのお陰で曲に対する意識が高まった気がする(笑



ちなみに手描きでは今や一つの形式となったデュラEDのパロも存在。これも大好き!







・・・そういえば昨日携帯にダウンロードした「迷子犬〜」の着うたを寝る時暗い部屋で聞いたら、最終回思いだして嬉し泣きでボロ泣きしてしまいました(えっ)だって寝る前って感情的になるし!ね!

四畳半はやっぱりキャラクター原案が中村佑介氏ということもあって、絵のイメージからアジカンとは当然に抜群の愛称の良さなんでしょうね。