頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

秋の夜長に。

如月さんのところで怪談レストランのDVD2巻のアコちゃん表情がえろいよ、って話を聞いたのでいそいそと密林へチェックしに行きました。・・・なるほどですね!(自



重せよ)



ていうか3巻、表紙に闇さん登場でございます!ひゃほう!

「最終巻だし、おそらく・・・」とは思っていたけど、やっぱり嬉しいね!

支配人闇モードは公式で存在認められたくせに露出が少ないので、「いやいやここは来るでしょ〜」と自信満々に言い切れはしなかった・・・ので、現実で嬉しい(毎回言っ



てるような)

何だか頭身が変だよ!(笑)って1割くらい思ったけどあれだよ、作中の支配人さんの体格が理想的なだけだったんですよね。

前に「3巻パッケージで闇さん出たら3巻だけ買うかも」とかほざいてた気がしないでもないのですが

どうしよう・・むしろ全巻欲しいとか(え

・・・・DVDボックスとか・・・無いかね〜・・・劇場版がDVD化するころにでも・・・





お化けモードと闇モードを並ばせると、見事なほどにお互いがお互いの面影が無いな〜wそういうものかww

それでも同一人物設定は本当においしいと思います。ツボです、ええほんとに。



それにしてもこの同一人物設定はどうして出来たものだったのだろう・・・



いくつか仮説を考えてみました(こういうことにばっかり頭を回します)



1、原作からそうだった

原作ってあんまり公式でキャラ情報は出してないから、ファンには知られてなかったけど、実は・・・みたいな。

・公式サイトのキャラ紹介ページで対称の位置にいる

・ナビ霊で連番で見開きページ紹介されてる

とか考えるに・・・どうかな。まぁ、こじつけ(笑



2、兼ね合い

アニメ化するに当たり、かとう先生、たかい先生、両方のキャラクターデザインをバランスよく使う、とか。



3、ノリ

「擬人化はやってますよ!」

「じゃあ・・取り入れてみる?」

とか、東映さんの中であったのかもしれない。

ゲンミツに言うと擬人化ではない。





なんかあまり実りない仮説だなww

とりあえずDVD3巻を見てテンションがあがったということなんです。





追伸:

そういえば「とんがりボウシ」のチャイムの音をLostBoyにしてやりました

耳コピだし音をはずしている可能性は大いにありますが。

チャイムのごとに「うぉ〜おお〜」であります。