頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

ミッドナイトフェスティバル。

,遅ればせながら。

よぅし。

はい、しーんこきゅう〜。



すぅぅぅ〜(空気吸ってる音)









ワァァァァァアアアァァァァァアァァァァァァァァァァアァァァアァア!!!!!ギャァァァァアアアアァァァァァアァアア!!!!!!!(歓喜の声)









あぁっ、あぁ、ああ。あぁぁwww(日本語喋れ)

こ、言葉、になりません。胸がいっぱいです。手が震えてます。止まらない幸福感に後押しされたテンション。正直バイトどころじゃなかった。(皿一枚割った(馬鹿!!))

見終わった直後なんて本気で、チャリこぎながら泣いたよ。ちょっとだけだけど!人間、幸せなときも涙出るんです。そうです。

長くなるぜ。今日は長くなるぜ。



ああ、涙出そう、また。

夢みたいだ・・・でも夢じゃない。言葉じゃ足りない想いの丈。

夢だったこと、今は夢じゃない!夢だけど、夢じゃなかった!!!←←

「どっちの夢も強く願えばホントウになる」って、XXXHoLicの侑子さんが言ってた。本当だった。



授業から抜け出し(と言いつつ研究室の授業なので、先生に「ちょっと用事が・・」ぽいことを)、バイトは8時からなら行けます、と伝え(ずるっこ!でも後悔はない。)バイト先と学校の間の橋の上で見てました(不審者です)

ワンセグの設定が変になってたので、直してたら冒頭見逃し。悔しい。あとで必ずもう一回見る。

・・・・今見た。

ぶはぁぁっ!!!支配人さん、冒頭から・・・飛ばし過ぎであるっっ!!!

だだだだだ、大サービスじゃないですか。最終回すげぇ。最終回すげぇ!!ブルブル。

あぁやっぱりあれですか、お化けさんの方があとからできたんですね。



以下、感想とかなんかもう、しっちゃかめっちゃか。

ネタバレ当然あり!下げませんので注意してね。





あぁぁーーーーとにかくねぇ。なんかもう、ねぇ。

最高過ぎる最終回だったよ。最終回クオリティ、脳内スタンディングオベーション。

あぁ、ああ、もう。ああああああ!野郎共!今夜はパーリィだ!!(何その伊達)



東映さんの制作スタッフには、「お腹が極限まで空いているときは、たくあんのような質素なものでも最高に美味しくなる。」という沢庵和尚の教えや、「空腹は最高のスパイスだったっていうか・・・・」というブッダの教えを、生きる指針にしている人でもいたのですか。

これはもう、最高にして最強のツンデレじゃないか。

流石東洋のディズニーを目指した東映。アニメの申し子たち、やることが違う。

最早満身創痍、立ち上がる気力も無くなった勇者たちの前に、最後の最後に形成大逆転の必勝アイテムのように舞い降りた最終回でした。



副題をつけるとするなら、そうだな



「噂の兄は大空家のかおり〜アコパパの昔つきあってた彼女ってもしかして〜の巻」



「アコは眼鏡眼鏡の大サービス〜めがね↑ってなまるのがポイント〜の巻」



「ユウマくんは何だったの〜人気、上がれば良いよね〜の巻」



「レイコ、心の向こうに〜わかるひとにはわかるはずのタイトルネタ〜の巻」



「やっぱりショウレイしたくなるショウくん〜君はやっぱり謎のまま〜の巻」



「可愛すぎるぜレストランスタッフ!!〜「わーーwww」って君らなにやってんの〜の巻」



「う、動いてる・・喋ってる・・・わあぁぁ(ぶわっ)〜体格はなんと理想通りのスリムのっぽ(サイトのあらすじで見て、どっしり系でほんと巨人かと思った)そう、いうなれば阿部弘のような〜の巻」(長いわ)



「電話〜声が聞きたくて〜の巻」(何そのくさい感じの)



「祝・ギャルあこ公式フラグ〜ドリームズカムトゥルーー!!トゥゲザァァーー!!!〜の巻」





上から掘り下げていきましょう←



兄よ・・・ねぇ。どうみたってあなた、アコちゃん男版じゃねぇか。大空家の血の者じゃねぇか。どこに佐久間家要素があるの(笑

しかしアコパパの話はそんな想像したくないからしない(する必要も無い)



最終回にして、またしても眼鏡サービス

「めがねめがね〜」って独特の発音のアコ氏。

ユウマくんの頭にひっかかってよかったよね。プールに眼鏡落ちるとかちょっと絶望的。眼鏡ユーザーとして。

そしてレイコちゃんと眼鏡。



ユウマくん、なんだかんだでレギュラーだったんですね。

アコ、ショウ、レイコで小学生3人組ってくくったらユウマくん可哀そうかな。マリとタクマも。

えと、それじゃあ・・・ぷらすわん、つー、すりー!!(えー

ユウマくんの馬鹿なところはこの作品の良い味のひとつよ。好きだよ。



レイコ、やっぱりそうだったか・・・・妄想が真実に。

今までこの作品てキャラを深めるってことは無かった気がするんだけど

これぞ最終回クオリティ。



ショウくん良いやつ。

ショウくん鬼畜に前は見えてたけど、今は良いやつ。多くを語らない分、もはや好き勝手な見方をします、そして勝手に感情移入。

怖い話だーいすき、探険探険、わくわく。むしろ無邪気なのはコイツの方だったか。

みんなもっと怖い話好きになろうぜ!俺と語ろうぜ!みたいな←←

きっと惚れた腫れたはまだ彼の目には入らない世界の話なんだろーな←←

だけど、「やれやれ・・・」とか言いつつ、あれ、レイコが気になる。いつの間にか・・・みたいな(あれ妄想



さぁ。レストランスタッフ&お化けのターン。CM空け。

最終回クオリティ!(何回でも言うよ)

まさかのレストランスタッフ勢ぞろい。飛んで走って「わーww」どーん。みんな仲良しだぁぁぁ!

人体模型は落ち着け。





そして「本当の2時22分22秒はこれからだ!」





振り子に映る三人の影。(ユウマは既に退場済み←)

そしてぇーーー!なんとーーー!ワーーーーーァァァプ!!







・・・・・そしてその時がやってきます。放送時刻19:45。(うろ覚え(えええええ)



その瞬間、私はこの日、この時のために、ここにいたのだと思いました(どうした





「怪談レストランへようこそ・・・・」





ああああぁぁぁぁああああああああああああ!!!!!

ハイっ!いらっしゃいましたよーーーー!!はい喜んでーー!!!!(?)

うわわわわわぁ。ぶるぶる。わわわわわぁ。

おおおおお。お、お化けさんのときより若干、若干・・・・こ、えが ひ、くい・・・・平田さん!もう!平田さん!わぁ!わぁ!(そういえばきっちょむの声も平田さんらしいね。(ここで書くか))

予想以上に公式支配人が綺麗な顔してた。ていうかほんと、体格、体格。信じてはいたけど、ほんとに「すらっと長身」。どうしてくれよう。どうしてくれますか。どうしたんです。(もちつけ)

あぁぁぁああ。なんかもう。「ああああ」しか出てこない。(荒らしか)

感動とはこのこと。信じられない。でも本当だ・・・信じられない。でも本当だ。(大事なことなので二回言いました)

でもレイコちゃんの手を一番に取り・・・取り・・・ww複雑な気分。アコちゃん的に。

まぁ招待されたのレイコだから仕方ないわな。



そして、電話。浜辺。どうしたって思い出すのは、伝説の初代ED。

前に如月さんが言ってたけど

ほんとうに、この浜辺は、「此岸」と「彼岸」の境目の空間というイメージなのであろうと。

あの男の子の幽霊の話のときもそうだったし。

お兄ちゃんはきっと、自分のせいで、レイコとお母さんの仲違いしたのが気がかりで、ずっと残っててくれたんでしょう。今ならまだ、声だけなら届くから、伝えたくて。



「そばにいるよ」



思うに、怪談レストランていうのはこういうこともやるのだと思います。

もう会えないあの人のもう聞こえないあの声を

あの世とこの世、本当なら届かないはずのものを、ほんの少しだけサービスってことで、仲立ちとして、届けるお手伝いをしてる。

レストランで働いてるみんなは、そんな感じで、たまに怖いけど、彼ら自身にもそりゃいろいろあるけど、素敵にやってるユカイなやつらってとこかな。個人的見解として。





お兄ちゃんの声、ちゃんと受け止めたレイコ。

それを見て微笑むアコとショウ。

振り返ったアコの目に留まるのは



帽子と、あの人。



いつか見た光景。









「あれ?」













はいっ!神演出ーーーーーーー!!!神演出ーーーーーーー!!これほんとの話!妄想じゃないのよ!ホントの話よ!(落ち着けよ



支配人さん帽子っ!!帽子かぶっちゃったのかよ!好きなあの子のあの帽子を!

ああぁぁまさかあのEDが本当に本編への布石だったとは・・・・・・!

きたこれ。ギャルあこ公式フラグきたこれ。これ、ほんと夢じゃないの。夢じゃ・・・・ないっ!!あぁぁ。



なんですか、放送終了後のスポンサー画面まで・・・今まで出なかった分存分に出して、私みたいな一部視聴者の気を引こうったって、そうは・・・・そうは行きすぎるんじゃぁバカァァァ!!(愛ゆえに)



支配人さんが闇モードで出てきたのはなんか理由があるみたいですが、それはまた今度〜だそうな。劇場版で語られるかなそれ・・・

劇場版マジで見に行こうか。ねぇ。





小学生たちがほのぼの終了してよかった。レイコすっきり。

しかし「新しい冒険の始まりね」

・・・・?レイコなんか意味わからないんだけどどうした(笑)



ラストカットのショウくんいけめそ。



ショウくんの「次はどこに行く?」



アコの、「それじゃー次はっ」



アコちゃん、もう。おそらく、もちろん。わっくわく。



支配人とアコちゃん、直接会話はしなかったけど、けど、でも。

あああああまさか、初代ED出してくるとは思わなかったでしょ。本気であのEDが公式だと思わなかったでしょ。マジで面識ある設定とは思わなかったでしょ。

アコちゃんと支配人さんには、なんだかよくわからないけど、なんかつながりがあるんですね。

そのつながりが公式で語られるかどうかはわからない。でも、十分、想像の余地を残しつつ、公式の後押し、という、本当に、なんか理想の状態の公式ギャルあこだった。ほんとこれどうしたら・・・

あの初代EDが消えたのって、いつだっけ。ひょっとしたらアコの精神状態(?)みたいなの関係してたりしたらそれすら何か伏線だったのかも・・・







いやもうとにかくもう。

幸せいっぱい胸いっぱい。「期待するだけ傷つく」とすさんだ心は、最後の最後に、まさか報われた。





これだけ火をつけてくれちゃったら、しばらく終わりません。

今までは無いところからムリにひねり出してた諸々ですが、最終回、これでもかってくらい、供給源になったよ!

劇場版どうなるかな〜どうしようかな〜

そしてゲーム。



とにかく、とにかく、滾ってるるぜっぇぇぇ!

しかし明日は仮免検定だから寝るぜぇぇ!(やばいぞおまえ







ほんとに、夢じゃない。なんどでも。嬉しい。現実って捨てたもんじゃないね!!(大袈裟

おやすみなさい!