頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

鏡の国からの優しい真実。

あぁぁ〜久々にいろいろぎゅうぎゅう状態なんだけど



なんだけどっ!!



ブログだって・・・大事なんだYO!ということで書きに来ちゃったよー!(おいぃぃ)

溜めるのイクナイ。吐きだす大事。心の声も滾りも、新鮮さが命(何言ってんの)





というわけで掘り下げたい!と言ってた怪談レストランのことだよー!

後半、かなりよくわかんない、変に小難しく書いています。注意(笑





劇場版の、「お化けはCGじゃなくて役者がやるよ」ショック、もう全然落ち込んではいません。

なんていうの、ニュースを初めて見たときは「なんで、なんでよ!」みたいな感情は一瞬駈け廻って涙が出そうになったのだけど、その瞬間(ほんとに一瞬)過ぎたら、もう何が何だかわからなくなってしまって今はもう「どうでもいいや!どうでもいいや!よし!」みたいな状態になってます(大丈夫か)



すごい、なんていうか、「二次創作と公式は別」ってガン!と頭の中で、かなり前向きな方向に切り替わったみたいな。うまくいえないけど。

今まではこの言葉は、どこか自分の中でマイナスイメージの言葉だったんだけどさ「ハハハ・・・やっぱり別だよねぇ〜・・・公式では叶わないことなんだよねぇ〜・・・・」っていう(笑

でも今は、なんか違うのです。

別に西村さんが闇さんだからって「闇さんのイメージと違うぅぅww」ってならない。

「すげぇ!西村さん出るんだww」みたいな気分??

なんていうかね〜、映画は「怪談レストランを観に行く」って言うより、「怪談レストランが実写になったらこうなる」っていうのを観に行くっていう感覚・・・??(まんまじゃねぇか



ああ、今ちょっと書いててはっきりしてきたな。

私の中で一番存在感のある怪談レストランは・・・自分の中の「本物の怪談レストラン」は、多分、「二次創作の怪談レストラン」なんですな。

本当ならね、公式が本物なんですよ。でも違うんだ

私の中では、二次創作の下に公式の情報があるという構図なんだ。

公式の話は、二次創作の情報源に過ぎないというか(過ぎないっていうとなんか感じ悪いけどな!)

それが、今回、前向きにはっきりその構図を意識したのだと思います。

「もういいよっ!(泣)」っていう、いじけた想いでなく、「そうなんだ」みたいな感じです。



だからこそ、私は、アニメがどうなっても、映画がどうなっても、この作品が終了しても、この作品について自分の好きなように扱うのをやめないだろうと思います。

前も言ったけど方向性は「キャラ借りた半オリジ」なんでしょうね(笑





多分、二次創作ってのは、普通、公式より「弱い」ものだと思う(ちょっとうまく表現できないけど)

その二次創作が公式と「並ぶ」とか「強い」ってことが起きるときには、二次創作に「公式とつながりつつも、ある種の独立した完成度」が存在するのではないでしょうか。

あと、その完成した創作のイメージが他人にも共有されていることかな。



思うに、自分の中で、怪談レストランの二次創作の方が公式より「強く」なったのは、こうしたことが起きてたことによるのではないかと。



もちろんきっかけは「公式」の初代EDなんだけど

お化けさん、闇さんに関しての様々なキャラづけっていうのか、そういうものが二次創作上で、人それぞれ差異はもちろんあるにしろ、ある程度の完成度を持ち、かつ、多くの人の中で共有されていた部分がいくつかあったと思うのです。(闇さん、アニメでは詳細一切不明なだけに、二次創作でのキャラづけがしやすかった、というのもあると思う)

ギャルあこはもちろんのこと、(←←)

ショウレイも、きくねこも、からのろも、(←←←)そうした概念なんだと思うのよ。



だから、繰り返しになっちゃうけども

映画で「CGじゃなくて実写なのかよぉぉぉww」「闇さんもっと若いイメージだったよぉおぉww」みたいなショックは、抱かなかったと言えば嘘になるけど(つまりそれは、二次創作とはいえ、自分の中で完成された作品像があったから、と言えましょう)

それによって自分がこの作品に対する熱が冷めるかというと、私は全然そんなことないのです。

映画もアニメ最終回も、ふつーに楽しみになってきているよ!





・・・・すごい感覚的で意味不明なことしか書いてないなwwwすみませんww

でも「思うままに徒然と!」がうちのブログの方針ww(開き直りやがった)













まぁ、つまりあれだよ。



今ここで、改めて胸を張って、宣言してよいのだと思います。







「ギャルあこは正義」、と。(結局かよ!)