頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

ラヴィ!!

お昼ごはんに買いに行ったパン屋さんで

「受カレーパン」

というのを見つけた。しばし硬直。え、何これ…何のつもりなのパン屋さん。

カレーパンに受けも攻めも…あるの?


もんもんして、思わず聞いたね。

私「あの…これ、何カレーって読むんですか?」

おばちゃん「受験に受かれの意味で、うかれー、です」

私「ああ〜なるほど!じゃあ中身は普通のカレーなんですね?(さも不純な考えなど微塵もなかったかのように、ただ何か変わったカレーなのかと思ってたかのように)」

おばちゃん「どっちかと言うと甘口ですねー」

私「ほー」








一個買いました。美味しかったです。
本当の話です。