頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

絡まった中には

昨日バイトのあとにぼちぼち打ってたのに

あまりに眠くて寝ちまった(笑)



前回前々回の記事で、いろいろもだもだしてたのは

結局趣味でブログやってるんだから好きにやればいいじゃん、て話なんですが

自分として、自分の姿勢を色々考えてみたかったんです。

だからあんなもだったのだね(もだるってなんだよ)

いやうん、ってかそんな深刻なことでもなく、そもそも今更過ぎて、文章にする必要もあるのか?という・・・話なんですが。



結局のところ、好きにやるのが一番やね!という結論に至りつつあります

多分、二次創作については、私は文章より絵の方がやりやすんだろうけど(巧拙は別として・・・ガクリ)

でもそれを形にするスピードより頭のスピードが速くなっちゃって

とりあえずの記録ということで文章化した結果

「自分のガラじゃねぇぇぇ!」となったがために、変にひっかかっちまったんだ・・・・

なんか、何書いてんのwwおまwみたいな気分になっちゃってさ・・・

やってくうちに別に慣れてくるものなんだろうけど

そう、慣れ、慣れなんだ・・・(うーん何言ってるんだろう)。

ほんと、ただのメモに押さえておけばよかったね。うん・・

頭の中に何か「物語」があるとはいえ、それを表出したいと思うならそれなりの「形」にする必要があるわけで。うん、自分なりにそれを出来るように頑張ってみよう・・・

結局のところ、今までと同じ感じで。なんとなーく、なんとなーく。

で、気分的にしっくりくるなら文かもしれないし絵かもしれないし、みたいな。



別に何があったわけでもないんですが

前にちょっと書きたい!とか言ってて結局流れそうなヲタ論的なものをムヨムヨ考えてたりしたとき、ちょうどハマってるこの怪談レストランがあって、それに対する自分の向かい方みたいなのを、ちょっと考えてみたかったんですね。

そして、自分のものとはいえ、ブログってある種、やっぱり他者の存在を意識したものでありますので、「自分、こういうことするかもしれないよ」みたいな意見表明?をしときたかったのかもしれません。

この作品自体、本編自体に深い意味が(今のところ)見られないので、そこに創作の余地(ただ描くとかじゃなくて、なんかつまり捏造設定とかね)を見出して遊ぶこと、をし出すかもしれないから、そういうのが嫌いなひとはごめんね、みたいな・・・

ポケスペにしろ何にしろ、今までそういうの(キャラ捏造(笑))をブログ上で表現すること、考えてみたらなかったからね。



創作意欲はとりあえず未だムン、ムン、ムンと来〜りゃ(突然のヴェスペリア)なので

これからも適当にがんばります。

うん、ちょっとすっきりしたかな・・・・?