頭の螺子が雲を飛ぶ、改

気が向いたときに気が向いたことを書きます。おた話多分多め。たまに絵とか。

君の話は、もう聞き飽きた。

HEY!レポートやれよ、俺!!(あれ、なんか伊達さんくさい)ノリですノリ。



「あぁーやんなきゃーぁ・・・」って思いつつ2日何もせず過ごしてしまいました。これからやるよ!本当だよ!

って、上記の分を打った直後にネットサーフィンに没頭、一時間くらい経過。ほんと馬鹿。そしてちょっと出る用事があるのですが、あーめんどいな(えー)



さて、久々に(?)よもやま箇条書き〜



●ハウル原作を読み進めてましたら、ベーコンエッグが食べたくなりました。なので今日の昼はベーコンエッグにしました。黄身が半熟すぎて大洪水になりました。しくじった!(何

私はハウル、宮崎監督の映画から先でしたが、結構原作にある描写とかが映画にもあったんだなー、と思ってなんだか頭に映像が立ち上ってくる思いです。

話の流れが違うんだけど、シーンが同じというか。違いを楽しんでます。映画の方もまた見たくなってきた・・・

猫の恩返しも最近サントラ聞いてたら見たくなってきた。ので、「ハウルの〜」と「猫の〜」借りてきちゃおうかな・・・せっかく今88円だし・・・



●上のハウル同様、前の貸し出し期間中で妖怪アパートも読み切れなかったんで、連続して借り。一回返却するときに図書館行ったら9巻もあったので借りてきちゃいました。

作者さんが、「もし妖怪アパートがアニメ化したら声優誰が良いですか」みたいな質問に答えてるのを読んで「あんまり想像つかないけど、千晶先生は井上和彦さんかなー」みたいなこと言っててテンションあがった。

この作品で声優想像なんかしたことなかったんだけど、なんか漠然と千晶先生だけは井上さんぽい、と感じてたので・・・

もしなんかまかりまちがって(おい)アニメ化とかしたら、そして本当に千晶先生が井上さんだったら、コレ、なんかもう私良い意味で死ぬかも(問題発言)

怪談レストランとか、西の良き魔女とか、十二国記とか、小説がアニメ化するのは10年越しってのもよくあるみたいだから、去年完結した妖怪アパートもひょっとしたら10年後に、なんて。



●展覧会受付の手伝いが始まりまして、昨日行ってきました。

今回は友達がいっぱい手伝ってくれたので私は次木曜くらいまで当番なし。みんな感謝!(ここに書いても意味ないけどね笑)

Kさんという人が面白い方で、なんというか、好きなんだよなぁ〜(笑

なんとなく面影が井上さんに似ている格好いい方です(上の話題から続いて。いや、個人的にそんな気がするだけで自信は無いのだが)



昨日のやり取り。



Kさん「休憩してください〜、喫茶店でコーヒーかお茶飲めるよ」



エヒト「あ、ありがとうございます」



Kさん「ギャラリーの手伝いです、って言ったら料金三倍で飲めるから。一杯1500円とかで飲めるよ」



エヒト「え!!」



みたいな(笑

いやもちろん冗談ですけどね。

で戻ったら「ちゃんと1500円払ってきた?」とか言われた。払いませんて。

職員さんだからスーツ着てるのですが、いつもごつい指輪してたりするので、ひょっとしたらミュージシャンなんだろうか(どういう偏見)

ほんとにあの指輪なんなんだろ・・・今度聞いてみようか・・・



●声の話題続きですが、原作者さんが声のイメージを持ってて、それがかつ本当になっちゃったという話。

鉄のラインバレルにて、清水・下口両先生が、「飯塚昭三さんがやりそうなキャラ作ろうぜ」って言って作ったキャラ(ごめん名前覚えて無くて・・五十嵐さんだよ五十嵐さん)が、ラインバレルが話題になってとうとうアニメ化した折、ガチで飯塚さんが役をやられたという・・・面白いよね。





あぁ結局こんな時間に(泣

でも書きたいときに書かなくちゃね!

荻原先生が、冬は内側のエネルギー(頭で考えるとか)が高まるから創作意欲が増すらしい・・・みたいなことを仰っていた気がする・・・

細部覚えてないから間違ってそう;